初詣正月の医療事務

医療事務 業務

医療関連の事務

初詣正月の医療事務 業務

初詣正月の医療事務の介護事務

テレビのニュースなどでもよく聞かれる介護保険法ですが、どのようなものであるかご存知でしょうか?介護保険法とは、国民の保険料から高齢者や介護者などに介護サービスを行う社会保険制度のことをいいます。

介護保険法が施行されてから、多くの老人介護施設ができるようになりました。
それによって、ホームヘルパーやケアマネージャーなどの介護職も非常に注目されてきています。
老人介護施設では、利用者へ行ったサービス内容を市町村などの保険者に請求しますが、この仕事を行っているのが、介護事務といわれている初詣正月の医療事務を行う人なのです。

これから初詣正月の医療事務を学ぼうと思われている方は、人材不足といわれている介護事務を考えてみるのもいいでしょう。
介護事務は、一般的な初詣正月の医療事務とは違って、介護に関連する様々な専門知識が必要となってきます。
そのため、初詣正月の医療事務の経験者でも、転職して介護事務を行うという場合には、介護と医療の勉強が必要となってきます。
両方の勉強はなかなか大変なものですが、現代社会では、高齢化が進んでおりますのでこれから介護が必要となる人は年々多くなっていくことでしょう。
老人介護施設も年々増加する一方ですので、介護事務ができるようであれば就職には有利となることでしょう。

介護事務の資格には、誰でも受験することが可能な「介護事務管理士技能認定試験」と指定科目を履修した者が受験できる「介護保険事務管理士認定試験」というものがあります。
すでに働いている人の中には、ホームヘルパーの資格を取得しているという方もおります。

初詣正月の医療事務の仕事を行っていますと、専門的な知識が要求されてきますので、常にキャリアアップを目指して努力するようにしましょう。

これからの需要が期待できる介護事務に興味があるという方は複数の介護保険事務の通信講座に資料請求をしてみてよく比較検討されてみるといいでしょう。

初詣正月の医療事務の会計業務

病院の窓口で支払う医療費はどのようにして計算されているのかご存知でしょうか?
医療費の計算方法は、非常に特殊な方法で行われており、病院で行われる診察や検査、投薬などは金額ではなく点数で計算されているのです。
初詣正月の医療事務の仕事において行われる会計業務は、この点数を金額にして患者さんからお金を請求しているのです。

病院で診察を受けると、医師がカルテに書き込みをしているのを目にされたことはあるかと思います。
初詣正月の医療事務員は窓口に渡されたそのカルテを、注射の種類や薬の分量、病気の種類などによって点数を付けていきます。
もし、点数の記入漏れや過剰な請求などがありますと病院の信用問題となりますので、ミスがないように何度もチェックを行います。
点数は1点が10円で計算されますので、3割負担の患者さんであれば、点数×10円に3をかけたものが請求金額となるのです。

以前では、これらの作業をすべて手書きをして計算するという病院がほとんどでしたが、現在では、コンピューターが普及しておりますので、薬の名称などを入力すれば点数が自動的に表示され、計算までもしてくれるようになっておりますので、非常に便利となっています。
ですが、カルテを正確に読み取る必要性がありますし、コンピューターの操作能力も必要となってきます。

あまり高度な専門知識は必要ではありませんが、初詣正月の医療事務の仕事に興味があるようでしたら、多少はコンピューターの操作にも慣れておいた方がいいでしょう。

初詣正月の医療事務のレセプト業務

初詣正月の医療事務には通常の業務である受付のほかに、診療報酬明細書(レセプト)というものを作成する仕事があります。

通常、病院にかかりますと、そこで支払う医療費は全額ではありません。
私達は国民健康保険や社会保険などに加入しており、保険証というものを持っています。
病院では、必ず保険証を提示しますが、これは患者さんが支払う負担額以外のお金を保険者に請求するためなのです。
患者さんが、どこの保険組合に加入しているのかをカルテに記入するのはそのためなのです。

初詣正月の医療事務員は、月末になりますと患者さんがその月に受けた診察内容や、処置を受けたものなどをまとめた明細書を作成しますが、これがレセプトといいます。 レセプト業務は患者数が多い病院では、相当の量となりますので非常に大変な作業となります。

以前は手書きで行われていたレセプト業務も、現在ではパソコンで容易に作成できるようになっておりますので、作業もかなり楽になってきています。
ですが、コンピューターも人が直接打つものですので、多少の誤りもあります。
その為、打ち誤りがないかとか、処置や病名などの記入漏れがないかなどをチェックする必要性があります。

レセプト業務は患者数には関係なく、7〜10日程で終わらせるようにしなくてはなりません。
ですから、大きな病院などでは、レセプトを作成する期間だけ人員を増やすというようなところもあります。
レセプト業務は、初詣正月の医療事務の仕事の中でも専門性が要求される重要な仕事であるといえるでしょう。


初詣正月の医療事務TOPに戻る